2020年11月12日 更新

【対談企画:丸山教授③】一流企業が考えるオススメのリサーチテーマ

元ライオン株式会社でマーケティングリサーチを経験し、現在は熊本県立大学で学生にマーケティングを教えていらっしゃる丸山教授との対談動画をMAppsチャンネルで公開しています。(全3回) Part3では一流企業が考えるオススメのリサーチテーマについて内容濃くお話しいただいたので、MRJではその内容をかいつまんでご紹介します!

熊本県立大学(元ライオン株式会社) 丸山 教授が語る「 一流企業が考えるオススメのリサーチテーマ」【対談】

一流企業が考えるオススメのリサーチテーマ

まずはじめに、リサーチが商品開発で単発で何か特効薬的に働くことはありません

でも会社に仕組みとして導入するときに、Aさんはコンセプトづくりのところでリサーチを、Bさんは最終的な購入意向をリサーチする、といったようにバラバラだと体系的にならないのでどこかで絞ることが大切です。

たとえば発売前のコンセプト調査(CP調査)を必ずやろう、と決めていろんなジャンルで何年もやることでものさしとノーム(基準)ができて繋がります
パッケージが大事な業界だとパッケージは絶対にどのジャンルでも全部やる、というのもいいです。
そういうようにバラバラでやるよりもどこか1つ決めてやることをオススメします。

また、製品やサービスだけではなく、U&Aと呼ばれる使用実態調査も有効的です。
データを時系列で並べると変化が見えきますし、消費者の仮説を作って商品のアイデアが出ていたので「消費者理解」に繋がります。
マーケティングリサーチを使って商品開発やサービス開発をやる上では大事なポイントです。

マーケティングリサーチの雑学

リサーチをやった結果、中間くらいの点を取ったのでノームはクリアしました、という商品があった場合、あとはパッケージでなんとかすればいい、といように思うのは甘い考えです。

たとえ平均点を超えてノームもクリアしたとしても、「ポイントはここだよね」と確かなものまで追い詰めないと期待は外れるし不安は当たります。

マーケティングだけではなく仕事全般にも当てはまると思いますが、「ちょっと不安だな」と思うことがあるとその不安は残さず、リサーチをもう一度実施するのもいいですし、リサーチ結果を踏まえてデザインやパッケージを変更するのもいいですし、少し立ち止まって自分の中で納得するまでもっていきましょう。
実際の対談動画はこちらです。
ライオン株式会社での実例等、より詳しくお話いただいているので、ぜひ記事と併せて御覧ください。

https://youtu.be/wwAdhKS-Oaw
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

Sayuri Sayuri