2020年6月25日 更新

アンケート調査って本当に意味がないのか考えてみた。

巷で囁かれるマーケティングリサーチ不要論。本当に不要なのか考えてみました。

gettyimages (498)

1、 アンケート調査って意味がない?

アンケート調査には意味がない。インターネットの記事を見ているとそのような論説を目にすることがあります。
本当にそうでしょうか?
まず私のスタンスを明らかにすると、アンケート調査に意味がないといういわゆる「マーケティングリサーチ不要論」は極論だと考えています。

マーケティングリサーチは「道具」です。包丁は食材を切るために使いますが、(極端ですが)人を傷つけるためにも使えてしまいます。道具を扱う上で最も大事なことは「正しく」使うことです。

マーケティングリサーチ、アンケート調査も正しく使えば大きな価値をもたらしてくれると私は考えています。
そこで、本日はマーケティングリサーチ不要論に対する私の意見を述べてみたいと思います。

まずはその前にマーケティングリサーチ不要論について簡単に確認してみましょう。

2、マーケティングリサーチ不要論とは?

アップルの創業者であるかのスティーブ・ジョブズは以下のように言ったとされます。
「消費者は自分の欲しいものを分かっていないから、彼らに何が必要か聞いても意味がない」

これと合わせてよく耳にすることとして、自動車会社フォードモーターの創業者であるヘンリー・フォードも以下のように言ったとされます。
「もし顧客に、彼らが何を欲しいか聞いていたらもっと早く走る馬と回答していただろう。」

確かにその通りです。車がまだない時代において車が欲しいとは考えません。
または2000年代前半に戻って、街行く人にどんな携帯電話が欲しいかと聞けば、より早くインターネットにアクセス出来て、よりオシャレなガラケーが欲しいと答えていたでしょう。

これらが世の中で囁かれるマーケティングリサーチ不要論、アンケート不要論です。
こう考えてみると確かにアンケート調査には意味がないという意見も、一つの筋の通った意見という気もします。

しかし、私の意見としてはやはりマーケティングリサーチ不要論は言い過ぎ、つまり極論だと考えています。
例えば日系の消費財メーカーであれば年間を通じて莫大なアンケート調査を行っています。
そのすべてに意味がないなんてこと、有り得ないですよね。
 (497)

3、 アンケート調査は正しく行おう

世の中には多くの調査手法があります。定量調査と定性調査という大きな分類があり、定量調査であればアンケート調査や会場調査(CLT)、定性調査であればデプスインタビューやグループインタビューなどがあります。

中でも、インターネット上でのアンケート調査はスピーディーに多くの消費者の意見を集められる点が魅力です。インターネットを通じて全国にアンケートを配信することが可能なため、街頭調査ではまず出会えないような希少なサンプルに出会えることも魅力です。特にセルフ型ツールを使用した際であれば圧倒的な安さが魅力となります。わずか2~3万円でパッと消費者の声を聞けるので日々の業務において多くのニーズがあるでしょう。

しかし、アンケート調査は消費者のどんな意見も集められる無敵のツールではありません。
ガラケーしか知らない人に、どんな携帯電話が欲しいかと聞いてアイフォンと回答する人はいません。
それは当然です。

ただ、アンケートでガラケーの不満点を聞けば「画面が小さいこと」「インターネット接続が重いこと」など多くの意見が得られる可能性はあります。
そこから、メーカー側はより大きな画面で早くインターネットに接続できる携帯電話を作ろうという着想に至るかもしれませんし、キーボードを画面内に収めてしまおうというアイデアが生まれるかもしれません。

さらに、そのアイデアは本当に消費者にとって受容性があるのかをアンケート調査を用いて確認することもできます。
このようにアンケート調査は適したタイミング、適切な使用法で使用すればその真価を発揮できます。

4、道具は正しく使ってナンボ

マーケティングリサーチはマーケティング活動をよりよく回すための「道具」です。取扱説明書をよく読み使用法をきっちり理解することができれば、消費者の声を聞くツールとして、私たちの力になってくれるはずです。少なくとも私は、スティーブ・ジョブズのようにマーケティングリサーチ抜きで素晴らしい商品を作れそうにはないので、その力に頼りたいと思っています。

このメディアではマーケティングリサーチのツール紹介や方法論など様々な記事を投稿しております。
是非このメディアを通じて皆様のマーケティング活動がより良いものとなればと思います。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【徹底解説】定量調査の主な手法

【徹底解説】定量調査の主な手法

定量調査には様々な手法が存在します。本記事ではその種類とセルフで行えるリサーチの手法を解説します。
市場調査とは?4つの種類やマーケティングリサーチとの違いを解説。

市場調査とは?4つの種類やマーケティングリサーチとの違いを解説。

市場調査の概要や種類、マーケティングリサーチとの違いに始まり、実施方法から注意点まで分かりやすく解説します。市場調査に関して不明点がある方はこの記事で解決しましょう!
【徹底解説】定量調査と定性調査の違い

【徹底解説】定量調査と定性調査の違い

マーケティングでよく聞く「定量調査」と「定性調査」。一見似ているようでその特徴はかなり異なります。 本記事ではそんな「定量・定性問題」を徹底解説します。
「マーケットリサーチ」と「マーケティングリサーチ」の違い

「マーケットリサーチ」と「マーケティングリサーチ」の違い

ネットリサーチCron : リサーチ関連の話題・手法について、業界内外の人が息抜きに読めるような軽いコラムです。
KOJI.A | 29 view
目的ベースのデータ分析②~STP分析から解説~因子分析、クラスター分析

目的ベースのデータ分析②~STP分析から解説~因子分析、クラスター分析

実際のアンケートデータの例をもとに、毎回一つの目的に焦点を当て、分析事例を紹介していきます。
Takafumi.T_DTL | 39 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

高橋(MRJ編集長) 高橋(MRJ編集長)