2020年11月9日 更新

WEBインタビューツールの比較

サードパーティーデータの時代が終わり迎え、各企業はマーケティング方針の転換を迫られています。生活者やターゲットにどうアプローチするかを考えるうえで、WEBでのインタビューは重要な施策と言えます。今回は各ツールの比較を行います。

gettyimages (692)

ミルトーク

https://service.milltalk.jp/

マクロミル社が提供しているインタビューツール。
無料プラン・ベーシックプラン・プレミアムプランから用意されている。
マクロミル社が保有しているモニタの会員制SNSの「きょうのひとこと」で市場の傾向を把握したり、「きいてミル」という掲示板機能を使って、広く意見を集めたり、「トークルーム」というチャット機能を使って特定の人にインタビューをすることが出来る。
チャット機能は無料プランでは使えないが、掲示板機能は制限された形ではあるが使用可能となっている。

Sprint

https://chat-interview.com/

ジャストシステム社が運営しているインタビューツール。
先ず5分間のライブスクリーニングを行い、インタビューを行いたい属性のモニターにチャットインタビューを行えるというサービスになっている。
料金はポイント制と月額制の2種類ある。一見月額制の方がお得に見えるが、最低利用期間が3か月となっているので、利用頻度に合わせてプランを選択する必要がある。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エスノグラフィーとは?

エスノグラフィーとは?

現在ではまだまだ知られていないエスノグラフィー。ただマーケティングの先端では古くから利用されているようです。その成り立ちと特長を解説します。
MROC(エムロック)とは?

MROC(エムロック)とは?

近年注目されてきたリサーチ手法のMROC。まだ何のことなのか分からない方も多いのではないでしょうか?本記事ではMROCについて解説します。
定量調査と定性調査の違い

定量調査と定性調査の違い

マーケティングでよく聞く「定量調査」と「定性調査」。一見似ているようでその特徴はかなり異なります。 本記事ではそんな「定量・定性問題」を徹底解説します。
定性調査にはどんな種類がある?

定性調査にはどんな種類がある?

マーケティングリサーチには定量調査と定性調査の2種類があります。アンケートなどは定量調査、インタビューが定性調査に分類されます。インタビューには2種類のものがあり、その違いを解説します。
覆面調査(ミステリーショッパー)とは? 用語解説からツール紹介まで

覆面調査(ミステリーショッパー)とは? 用語解説からツール紹介まで

ミステリーショッパーは定性調査の1手法とされており、主に店舗・店頭で行われる調査です。当記事では覆面調査(ミステリーショッパー)について解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗田(MRJ副編集長) 栗田(MRJ副編集長)