2020年7月28日 更新

アンケート設問文を作るときのポイントって?

簡単に作成が可能で、気軽に使うことが出来るWEBアンケート。自分もやってみたいけど、作り方が分からず不安。 そんなお悩みを解決したいと思います。

gettyimages (631)

設問文はとにかく分かりやすく簡潔に

アンケートを作成する際に、モニターへの配慮の気持ちや、聞きたいことに答えてくれるだろうという思い込みから、設問文がやたらと丁寧な言い回しで長くなってしまったり、逆に親切でない文章になってしまい、モニターが回答しづらくなってしまうなどの現象が起こりがちです。
そのようなことを避けるために、極力設問文は簡潔に記載することが重要になってきます。
よくある間違いは以下のようなものになります。

〇あなたは毎日朝食を食べますか。
×あなたは毎日朝食を食べますでしょうか?お答えいただけると幸いです。

〇あなたが1週間以内に食べた朝食のメニューで最も多いものをお答えください。
×あなたが食べた朝食のメニューで最も多いものをお答えください。

最初に挙げたものは、やたらと丁寧すぎる設問文例になります。
丁寧すぎる表現はそれだけで設問文が長くなり、回答者に不自然な印象を与えかねません。
極力設問文は簡潔なものにしてください。

次に挙げたものは、モニターにとって親切でない設問文の例になります。
ダメな例はどこからどこまでの期間なのか、今日の朝食なのか、いつのものを聞かれているのかが分かりません。
このような設問文はモニターが困惑してしまう結果に繋がりますので、避けましょう。

誘導的な言い回しはご法度!

アンケートを作成する際、広く意見を聞いてみたいという気持ちがマーケターにはあると思います。
ただその気持ちの中に少なからず「こういうデータが取れたらより良いけどな。」という想いを持つ方も少なくないでしょう。
そういったときに一番気を付けなければならないのが、誘導的な設問文になってしまうことです。

〇この商品パッケージについてどう思いますか。
×この商品パッケージを見て、良い商品だと思いますか。

〇商品Aと商品Bを比べてどちらを買いたいと思いますか。
×商品Aと商品Aより少し高い商品Bのどちらを買いたいと思いますか。

2番目の方は露骨な表現になっていますが、最初の方も“良い商品であると言ってほしいバイアスがかかってしまっています。
これらの誘導的な設問文は適当な回答を得られなくなってしまうので絶対に避けましょう。

業界用語や専門用語は入れない

業界用語や専門用語はその意味が必ずしも広く知られているとは限りません。
社内や業界ではよく使われている言葉であっても、回答するモニターが正しくその用語の意味を知っているわけではありませんので、意味を取り違えた回答となってしまったりしてしまいます。
アンケートの作成時には極力平易な表現を用いて、どうしても専門用語等を使わざるを得ない場合にはしっかりと用語の解説を行い、意味の認識に齟齬が発生しないようにしてください。

また名称の略語を使うことも避けるべきと言われています。
有名な単語で言うと、スマホやスーパー、コンビニなどが該当しますが、スマートフォン、スーパーマーケット、コンビニエンスストアというように、略語ではなく正規な名称を使うようにしましょう。

その他、設問の作成順や設問文のの注意点、設問タイプに因る注意点などは「WEBアンケートを作成するときのポイントって?」で紹介してあります。こちらの記事もぜひ読んでみてください。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アンケートの選択肢を作るときのポイントって!?

アンケートの選択肢を作るときのポイントって!?

簡単に作成が可能で、気軽に使うことが出来るWEBアンケート。自分もやってみたいけど、作り方が分からず不安。 そんなお悩みを解決したいと思います。
【徹底解説】定量調査の主な手法

【徹底解説】定量調査の主な手法

定量調査には様々な手法が存在します。本記事ではその種類とセルフで行えるリサーチの手法を解説します。
アンケートの設問順ってどうしたらいい?

アンケートの設問順ってどうしたらいい?

アンケートで有効な回答を得るにはどれくらいの設問順がいいのか、なんとなく決めていないでしょうか?この記事では設問順について解説します。
アンケートのサンプルサイズの設定ってどうしたらいい?

アンケートのサンプルサイズの設定ってどうしたらいい?

アンケートで有効な回答を得るにはどれくらいのモニター数がいいのか、なんとなく決めていないでしょうか?この記事ではサンプルサイズについて解説します。
【徹底解説】定量調査と定性調査の違い

【徹底解説】定量調査と定性調査の違い

マーケティングでよく聞く「定量調査」と「定性調査」。一見似ているようでその特徴はかなり異なります。 本記事ではそんな「定量・定性問題」を徹底解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗田(MRJ副編集長) 栗田(MRJ副編集長)